コピー機のコスト削減

最近はビジネスの現場等で、ペーパーレス化が進んでいます。



地球温暖化の影響もあり、紙資源の無駄使いをしないという環境に配慮した面でも高い評価があり、企業も導入しています。


当然、企業もコスト削減に懸命な努力をしているので、このような取り組みは会社をあげて行う事が多いです。



コピー機は、非常に多くの電力を消費しますので、オフィスでもなるべく使わない方が無難です。



省電力設定にしたり、なるべく白黒印刷を使う等です。

白黒印刷とカラー印刷ではコストは数倍にも変わる事が多いです。
最近では外部に提出する資料以外は再生紙等の比較的安価な用紙を使用する場合が多いです。



重要な書類とそうでない書類とで用紙を変える事で紙代の節約を図ります。

インクやトナーも大変高価なものですので上手に節約しなければなりません。

そもそも、敢えて出力やコピーをしないでも良い書類は非常に多くあります。



PDF化した書類を各自のパソコンで閲覧しながら会議をしたり、打ち合わせを行う会社も多いです。



紙の資料は、最近、個人情報保護の観点から、裁断処理が当たり前です。



これにも時間とお金を要します。


紙の資料はただでさえかさばる資料ですので、ペーパーレスにして社内のサーバーに格納し、必要に応じて、閲覧、参照した方が、オフィスの省力化にも役立ちます。
コピー機は年々性能を上げてはいますが、これからのクラウド化が進展する時代では、その機能との連携が重要になります。



クラウド技術の進展でコピー機にかかる印刷コストは大きく節約できるはずです。


関連リンク

コピー機のコストを考えよう

 どの会社にも必須のOA機器であるコピー機を買う際に考えなければいけないのがその値段です。しかし、値段と言っても機械本体の値段だけではありません。...

more

複合機をリースで利用するメリットについて

オフィス内では様々なOA機器が利用されているわけですが、OA機器と言うのはパソコンやコピー機、プリンター、スキャナー、ビジネスフォン、ファクシミリと言った電気製品をOA機器と呼んでおり、これらのOA機器は業務には無くてはならない存在になっています。また、これらのOA機器は買い上げをしているものもあればリース契約で導入しているケースが有りますが、リース契約の場合は月払いが可能になり、5年と言った契約期間で支払いをする事で契約期間満了になった後は買い上げをする事で自社の資産として計上が可能になるなどのメリットが有ります。...

more
top