コピー機のコストを考えよう

 どの会社にも必須のOA機器であるコピー機を買う際に考えなければいけないのがその値段です。
しかし、値段と言っても機械本体の値段だけではありません。



もちろん100万円から200万円もするコピー機は、できるだけ安いものを買って長期間使いたいものです。しかし、安いものには安いなりの理由があり、決してお得とは言えない可能性があります。
なぜなら、安い機械だと、場合によっては頻繁に故障してしまい、思っていたよりも短い年数しか使えない可能性があります。



これでは、結果としては大損となってしまいます。



逆に、少し割高に感じるものであっても、平均的な耐用年数よりも長期間使うことができれば得をすることができます。



つまり、1年あたりいくらの機械代となるかを考える必要があります。

次に、考えなければいけないのが、コピー機のランニングコストです。



なぜなら、コピー機はインクトナー代や紙代など様々なランニングコストが発生します。また、紙詰まりによる故障などメンテナンスサービスを受けるコストも考えなければいけません。



ランニングコストを考えたときにお勧めなのがリースサービスを受けるという方法です。つまり、自分で機械を購入するのではなくリース会社から機械を借りることで安く上げるのです。



契約内容によっては、インクトナーや紙、そして故障した際のメンテナンスにかかるコストを含めたリース料を支払うことでコピー機を使うことができます。
使い方によっては、この方法が最も安く済む場合もあり、どのような利用方法をするのかを考えて購入・リースを検討する必要があります。



関連リンク

複合機をリースで利用するメリットについて

オフィス内では様々なOA機器が利用されているわけですが、OA機器と言うのはパソコンやコピー機、プリンター、スキャナー、ビジネスフォン、ファクシミリと言った電気製品をOA機器と呼んでおり、これらのOA機器は業務には無くてはならない存在になっています。また、これらのOA機器は買い上げをしているものもあればリース契約で導入しているケースが有りますが、リース契約の場合は月払いが可能になり、5年と言った契約期間で支払いをする事で契約期間満了になった後は買い上げをする事で自社の資産として計上が可能になるなどのメリットが有ります。...

more

コピー機のコスト削減

最近はビジネスの現場等で、ペーパーレス化が進んでいます。地球温暖化の影響もあり、紙資源の無駄使いをしないという環境に配慮した面でも高い評価があり、企業も導入しています。...

more
top